« フィリピン海プレートは熱く軽い。特に四国から関東まで。等深線からわかること | トップページ | 乗鞍、御岳、白山もフィリピン海プレートの影響があるのでは。等深線からの推測 »

2017年12月 1日 (金)

等深線からみえること。東北・北海道と九州にカルデラが多いことの仮説の創設

 これも等深線からの仮説である。
20171120_5_tr_2
四国や近畿には活火山はない。巨大なコールドロンはある。
一方、東北・北海道と九州には巨大なカルデラが存在する。私は、フィリピン海プレートが巨大なカルデラの発生阻止に関与しているように考えている。
カルデラができるには等深線の稠密さと深さと水分の影響が影響しているものと思っている。九州のフィリピン海プレートは急激に沈降している。
ここで、カルデラができている。東北・北海道でも火山フロント周辺は等深線は混んでいる。
等深線が混んでいることと噴火の関係はいくつか考えられる。マグマ原料の供給という面では多くなる。また、水分の供給も多くなる。
等深線の密度とプレートの温度、水分から噴火、さらにはカルデラ噴火との関係が解明できるきがする。
私は、そうしたdataは取れない。公的機関の文献などから一度、調べてみたい。本説は仮説としては面白いと思っている。
 

« フィリピン海プレートは熱く軽い。特に四国から関東まで。等深線からわかること | トップページ | 乗鞍、御岳、白山もフィリピン海プレートの影響があるのでは。等深線からの推測 »

地震・断層・火山・地層・地学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィリピン海プレートは熱く軽い。特に四国から関東まで。等深線からわかること | トップページ | 乗鞍、御岳、白山もフィリピン海プレートの影響があるのでは。等深線からの推測 »

最近の記事

無料ブログはココログ