« 幻の日本史上最長の中部西日本ジェラシラン川の痕跡を訪ねて | トップページ | 日本の地下の激動は少なくとも1000年ぶり、もしかすると3000年ぶりの強さなのかも »

2019年6月15日 (土)

現在最長の信濃川は175万年前後の大昔は日本で二番めに長い川であった可能性もあるかも

 日本最長の信濃川は広く知らた川である。それは何時頃からそうだったのであろうか。

私は、日本列島の変遷にも少し興味がある。以下は、現在のJust Ideaである。

 少し前に、日本の歴史上、最も長かった川は中部西日本ジェラシラン川であった可能性があると書いた。中部西日本ジェラシラン川とは、1.7-1.8Ma前の大昔に、飛騨から淡路島までつながった可能性のある幻の大河の名称である。なお、本名称は本blogの著者であるSome dayの命名である。

 もし、飛騨から淡路島までつながる川があればそれは長い川であることに間違いない。飛騨から、近江や大阪を越え、淡路に到達したのであるから。

 古い昔のお話である。一方、信濃川は現存している。穂高も現存している山である。一方、中部西日本ジェラシラン川は現存していない。

 

« 幻の日本史上最長の中部西日本ジェラシラン川の痕跡を訪ねて | トップページ | 日本の地下の激動は少なくとも1000年ぶり、もしかすると3000年ぶりの強さなのかも »

地震・断層・火山・地層・地学」カテゴリの記事

最近の記事

無料ブログはココログ