« 韓国人よ、大人になれ。日本に勝つつもりなら、あほは抗議活動は即、停止し、基礎研究から即、始めること。ノーベル賞も取れない国が世界をリードすることは土台無理。それでも忍耐強く頑張れば、世界の金持ち国にはなれるかも。北は北半球で最も貧乏な国であることの意味を認識すること。 | トップページ

2019年8月 8日 (木)

日本の地下構造は本格的に大変化したのだろうか。これは一つの仮説である。

 昨夜、浅間山が噴火をした。本件は浅間などの観察機関では察知できなかったとのこと。従来の地震では察知できたとりこと。

 同じような話が草津白根の噴火でもあった。三宅島の噴火においても3000年ぶりの噴火であることは予測できなかった。要すれば、現在の日本の地殻には破壊が広がり、至る所にクラックが生じ、結果として、小規模なマグマの変化は予測できない状態になっているのではないか、ということである。

 また、活断層で無い所で地震が起きたという話も聞く。北海道胆振地震も従来にないややこしい地震であった。なお、胆振地震に関しては二酸化炭素の地中への注入の影響を指摘する情報もある。

 浅間の地震観測は長い実績がある。その観察系が機能しなかった意味は科学技術的には大きな意味がある。御岳の噴火と観測情報に関して色んな情報が流れた。

 熊本の大地震についても記録にないなどの説明がされた。

 東北大地震に関しては昔の記録はあったが、東電の関係者はそれを無視して、結果として大被害をもたらした。

 今回の浅間の噴火も、草津白根の噴火も予知は出はなかった。やはりその意味を真剣に把握する必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

« 韓国人よ、大人になれ。日本に勝つつもりなら、あほは抗議活動は即、停止し、基礎研究から即、始めること。ノーベル賞も取れない国が世界をリードすることは土台無理。それでも忍耐強く頑張れば、世界の金持ち国にはなれるかも。北は北半球で最も貧乏な国であることの意味を認識すること。 | トップページ

地震・断層・火山・地層・地学」カテゴリの記事

最近の記事

無料ブログはココログ