« マスクと3密のみの安倍も尾身も菅も即刻、退陣すべし。日本の薬品業界も全く無力。大学への補助金を潰した責任は重大すぎる。 | トップページ | 日本全土は大地動乱だ。特に心配なのは関東から中部の地震と噴火、南九州の噴火 »

2020年7月29日 (水)

新型コロナの治療法は1波とは変わったのだろうか。それとも発見が早くなり早期治療の効果が出ているのだろうか?

 最近の新型コロナの症状は軽いとの報道がある。ただ、治療法の変化への説明はない。アビガンの使用はないとは思うがレムデシベルの使用状況はどうなのであろうか。

 1波との差は簡単に入手できる情報では、感染率が低くなったことである。1波では10%以上のケースも多くみられた。要すれば、1波の患者はPCRの調査をしたくてもできなかった。

 その結果、重篤にならないとPCR検査を受けられなかった結果、受けられた患者は重症化したことはないのか。これは山中さんなども含め、多くの識者が発言したいたことである。

 専門家の多くは早期診断を嫌がった。尾身さんも嫌がっていた。

 現状の患者の多くが早期発見者であることは間違いない。私は、現在の患者が早期発見であるから問題が少ないのか、その点を知りたい。また、治療薬の話も知りたい。

 また、最近の治療薬に関する報道はない。米国発のレムデシベルは早期の段階から使用できるのだろうか。アビガンで回復したとの情報は多く流れた。しかし、あの時点では治験の時期であり、患者も担当医師も偽薬かアビガンかの区別は分かっていなかったはずだ。

 現在、政府は新型コロナ対策として積極的には何もしていないようである。あほなGO TO バカ遊び策も積極的に進めている。確実に感染者は増加している。

 アビガンの可能性の低さは分かった。国として有効と判断したレムデシベルの効果を公表すべきである。また、レムデシベル治療が受けられる医院もPRしてほしいものである。

 それと、やはり回復後の状況をもっと公表すべきである。小児麻痺の場合、命はとりとめても、その後の成長はできない人が多かった。片足が伸びなくて、苦労している人が私世代では多くいた。

 新型コロナに関して、そうしたことはないのだろうか。それも早く開示すべきだ。

 

 

« マスクと3密のみの安倍も尾身も菅も即刻、退陣すべし。日本の薬品業界も全く無力。大学への補助金を潰した責任は重大すぎる。 | トップページ | 日本全土は大地動乱だ。特に心配なのは関東から中部の地震と噴火、南九州の噴火 »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ