« 自民党の諸君、安倍を辞めさせてくれ。こんなに不安に満ちた日本を見たことがない。うがいが薬が日本から消えた。 | トップページ | ここ数日の空の濁りは西之島の噴火の影響とのこと。桜島の大噴煙もあった。噴煙で寒冷にならないか少し心配 »

2020年8月 6日 (木)

政府は新型コロナに国民がかかることを何とも思っていないのでは。後遺症が出た時の賠償請求の準備は必要

 最近の政府関係者の見解は新型コロナに国民がかかることに対して、気にもかけていないようだ。何とも恐ろしいが、尾身さんも含め、心配なことは、入院患者の激増と、重傷者とのこと。こうした発言の記事は個人としてもPDFなどで保管することが必要であると思う。

 要すれば、政府は副作用などの心配はないと思っているか、新しい病気であるから、それに伴う問題点が生じても政府は責任を取らないとの発想である。

 つまり、想定できていないから、保証はできないとの見解である。新型コロナの患者が出ても、その患者が後遺症が出ても知ったことではない。それゆえ、緊急事態の必要ないというのが政府の対応である。

 日本政府のこの対応は何ともおかしいと私は思う。国民を大事にしていないと思う中国に比較しても、日本政府は国民を大事にしていないのではないか。

 また、いつもバカにしている韓国政府のコロナ対策に比較しても日本政府の対策は余りにいい加減だ。台湾に比較しても国民の病気の発生に対して、痛みを全く感じていないようだ。

 日本人は昔から国民を大切にしない傾向があるのだろうか。特攻に志願したした兵隊に対してはまともな飛行機を出さなかったとの話もある。安倍の政策を見ていると、太平洋戦争末期の国民に対する国の対応と同じようにも思える。

 コロナの発生数を下げる政策をもっとする必要があるのではないか。ホストクラブを生き残らせるのがそれほど大事なのだろうか。ホストクラブの従業員は何人いるのか。

 日本政府は産業の育成や撤退に関して、訓練と助成を随分としてきた。ホストを他の職業に転換させる教育をするのにいくら金がかかるのか。

 日本が生き延びる政策をもっとする必要がある。

 

 

 

« 自民党の諸君、安倍を辞めさせてくれ。こんなに不安に満ちた日本を見たことがない。うがいが薬が日本から消えた。 | トップページ | ここ数日の空の濁りは西之島の噴火の影響とのこと。桜島の大噴煙もあった。噴煙で寒冷にならないか少し心配 »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ