« ここ数日の空の濁りは西之島の噴火の影響とのこと。桜島の大噴煙もあった。噴煙で寒冷にならないか少し心配 | トップページ | 東北大地震後、日本列島には全く新たな奇妙な動きが加わっているのか --- 国土地理院のGPS図から »

2020年8月16日 (日)

安倍政権は実質死体 それにしてもひど過ぎた佐川、森をはじめとする官僚、政治家の誤魔化し、捏造、尾身の無責任

 安倍政権は実質的に死に体だ。コロナが再発しても何の対策もしない。重症者が少なく、死者も少ないからと何もしなかったが、増加しても官僚の尾身は何もしていない。第2波の準備をしているからと言っていた尾身は何をしていたりだろう。日本人は特異だからコロナ対策は万全としていたが、神風は今回も吹かなかった。

 安倍政権下のコロナ対策は世界から笑われている。尾身は学者ではないが、現場を見る能力を失ったのであるから即刻、後進にゆだねる必要がある。そうしないと、日本のコロナは拡大するばかりだ。

 安倍はもはや記者会見に耐える体力、能力もなくなったのだろう。体調がかなり悪そうだ。再度、緊急退陣させるのが取り巻きの仕事である。

 今以上留まれば、彼は世界的に無能な政治家として名前を残そう。世界的に名前を残す安倍政権下の一番手は佐川だろう。誤魔化しと捏造は歴史的にも有名になるだろう。佐川の子孫は今後、数百年間、それなりに苦労するのだろう。同様に森まさ子法務大臣も劣悪な法務行政者として歴史に残るだろう。

 皆さん、生存中である。残された人生の中で、歴史的に悪いことは残るが、それを悔い改めたことが分かることを今後、実施てほしいものである。

 特に、佐川は公判の場で、悔い改める証言をすべきだ。

 それにしても、日本では一人区制は問題を発生させた。立憲民主党が政権をとったらこの制度を改める必要がある。法律を守る国家にするのが国家の基本である。太平洋戦争は遠因は陸軍の法律無視であった。

 枝野は次の選挙に是非勝ってくれ。応援する。ウソと誤魔化し、捏造、そして死に体でも平然としている安倍を引きずり下ろすことが必要である。

 

 

 

« ここ数日の空の濁りは西之島の噴火の影響とのこと。桜島の大噴煙もあった。噴煙で寒冷にならないか少し心配 | トップページ | 東北大地震後、日本列島には全く新たな奇妙な動きが加わっているのか --- 国土地理院のGPS図から »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

無料ブログはココログ