« 新型コロナの治療法は1波とは変わったのだろうか。それとも発見が早くなり早期治療の効果が出ているのだろうか? | トップページ | 自民党の諸君、安倍を辞めさせてくれ。こんなに不安に満ちた日本を見たことがない。うがいが薬が日本から消えた。 »

2020年8月 2日 (日)

日本全土は大地動乱だ。特に心配なのは関東から中部の地震と噴火、南九州の噴火

 日本列島はまさに大動乱だ。総理は国民の前に出るのを嫌がる。それは当然のことだ。森友に代表される嘘と誤魔化しに国民の反発は高い。コノナ対策でも誤魔化しばかりだ。海外の友とmailのやり取りをすると日本のコロナ対策に驚いている。

 そして、大地の激動も心配だ。鎌田さんは2020年に富士の噴火を予測している。確かに冷静に考えると日本の地殻は軋みを上げて変動しているものと思われる。国土地理院の日本のGPSを示す。これは誰でも簡単に見ることができる。20200731-47

 上図が1997年を原点とした日本列島の大地の変動である。

要すれば、関東から東北は2011・3.11の大地震とその後の大変動で東に大きくずれている。一方、関東から四国までの表日本は西にずれている。

 一方、九州の南部は南にずれている。この間、熊本地震も発生した。

この図には太平洋の移動は書かれていない。それはGPSの起点はないからである。この図は国土地理院の代表的な図を示したもので、2011前後の図の記載していない。必要な方は国土地理院から見てほしい。

 海洋について述べるとフィリピン海プレートは北西にずれている。

 次に、弘瀬さんの等深線の図を示す。

               20200526-4

 弘瀬さんの等深線の図はなんども活用させて頂いた。詳細はnetで見ていただきたい。要すれば、日本列島には太平洋プレートとフィリピン海プレートが地下深く侵入しているということである。

 この二つの図から、また海保の海底地図、産総研の地質図を組み合わせてみると実に色んなことが読める。幾つか下記する。

 ①東日本の地殻への圧力は低下したであろう。圧力が低下した結果、噴火はしゃすくはなったとも思われる。しかし、大噴火にはならないだろうと私は推定している。草津白根などの噴火はあったが噴火としては小さかった。浅間も同様である。

 なお、太平洋プレートの動きが速くなったとの東北大などの報告もある。そうすると火山にも影響はあるだろう。しかし、太平洋プレートの影響が地下100kmまでするのはもう少し時間はかかるものと私は想像している。噴火する場所は地下の浅い位置ではない。再度のなおであるが、もし太平洋プレートの移動速度が東北大などの結果が持続するとこれは大変なことになるのは明白だ。世界一噴火の発生している場所はカムチャッカ半島で、それでも太平洋プレートの速度は10cm/yである。

 ②富士山について述べれば、極めてややこしい状況である。フォッサマグナの地殻には引き延ばしと圧縮がかかっている。地下のフィリピン海プレートは沈降している。地殻が破れ破損したときの心配は噴火である。箱根での大噴煙が発生したのもこのためであろう。幸い、噴火には至らなかった。

 不幸にして御嶽では噴火し大災害が生じた。しかし、噴火という意味では大きくはない。しかし、人災は大きかった。その最大の原因は従来の噴火に比較して御嶽の周辺の大地の変動が少なかったからであろう。地殻にかかる圧力が減れば小規模のマグマの上昇は見えにくい。

 富士山の場合、原料であるマグマの量の低下はないだろう。地殻は弱くなっている。その意味では西之島の噴火の経緯が実に心配である。西ノ島の巨大噴火、三宅島の巨大噴火を考えると富士山の噴火は大きくなって当然とも思える。

③本州中部の地震の異常発生は、地殻の強度劣化と、太平洋プレートの本州への接近の上昇が原因だろう。ただ、場所により地殻が劣化したので、応力分布に擦れがが生じ、正断層も起きる可能性があろう。

④九州の動きはややこしい。フィリピン海プレートは実は二つのプレートの合体なのである。弘瀬さんの等深線の図を見ると、フィリピン海プレートの等深線は九州の地下で急激に深度を増している。この部分のプレートは四国沖などのフィリピン海プレートより古く重いので沈降がはやい。結果として、この地域には噴火が多発している。熊本地震の後、最近、桜島では噴煙が高くなったのはこうしたためと、私は想像している。太平洋プレートの日本列島を押す速さは早くなった。フィリピン海プレートも移動している。結果として、九州の下のマグマの生成速度は上がった。噴火は巨大化すると思われる。

 なお、以上は私の仮説である。私はこうした状況にも平然と過ごしている安倍総理は、実は、平然としているのではなく、まともな精神なく、何事にも恐れおのの似ているのではないかと推測している。

 国民の信頼はなくなり、自民党からも石破をはじめ多くの方から批判もあり、恐怖が先立ち記者会見もままならないものと想像している。コロナ対策に関し、自民党は地方に丸投げである。アビガンも外れた。マスクも安倍も自身のあべのマスクを止めるようである。

 ウソと誤魔化し、まともな政策を立案もできない安倍はやはり即刻辞めさせる必要がある。

 

« 新型コロナの治療法は1波とは変わったのだろうか。それとも発見が早くなり早期治療の効果が出ているのだろうか? | トップページ | 自民党の諸君、安倍を辞めさせてくれ。こんなに不安に満ちた日本を見たことがない。うがいが薬が日本から消えた。 »

地震・断層・火山・地層・地学」カテゴリの記事

無料ブログはココログ