ニュース

2020年8月 6日 (木)

政府は新型コロナに国民がかかることを何とも思っていないのでは。後遺症が出た時の賠償請求の準備は必要

 最近の政府関係者の見解は新型コロナに国民がかかることに対して、気にもかけていないようだ。何とも恐ろしいが、尾身さんも含め、心配なことは、入院患者の激増と、重傷者とのこと。こうした発言の記事は個人としてもPDFなどで保管することが必要であると思う。

 要すれば、政府は副作用などの心配はないと思っているか、新しい病気であるから、それに伴う問題点が生じても政府は責任を取らないとの発想である。

 つまり、想定できていないから、保証はできないとの見解である。新型コロナの患者が出ても、その患者が後遺症が出ても知ったことではない。それゆえ、緊急事態の必要ないというのが政府の対応である。

 日本政府のこの対応は何ともおかしいと私は思う。国民を大事にしていないと思う中国に比較しても、日本政府は国民を大事にしていないのではないか。

 また、いつもバカにしている韓国政府のコロナ対策に比較しても日本政府の対策は余りにいい加減だ。台湾に比較しても国民の病気の発生に対して、痛みを全く感じていないようだ。

 日本人は昔から国民を大切にしない傾向があるのだろうか。特攻に志願したした兵隊に対してはまともな飛行機を出さなかったとの話もある。安倍の政策を見ていると、太平洋戦争末期の国民に対する国の対応と同じようにも思える。

 コロナの発生数を下げる政策をもっとする必要があるのではないか。ホストクラブを生き残らせるのがそれほど大事なのだろうか。ホストクラブの従業員は何人いるのか。

 日本政府は産業の育成や撤退に関して、訓練と助成を随分としてきた。ホストを他の職業に転換させる教育をするのにいくら金がかかるのか。

 日本が生き延びる政策をもっとする必要がある。

 

 

 

2020年8月 5日 (水)

自民党の諸君、安倍を辞めさせてくれ。こんなに不安に満ちた日本を見たことがない。うがいが薬が日本から消えた。

 今の日本ほど不安に満ちた日本を私は知らない。驚くことに日本のマーケットからうがい薬がなくなった。ドラッグストアの入り口にはうがい薬関連の商品はない。入荷時期も不明との記載がある。少し前、トイレ紙がやはりなくなった。

うがい薬はコロナに対して未だその薬効は不明である。日本国民はそれでもうがい薬の買い出しに向かった。しかし、現実には何処に行ってもないのである。安倍はこの現状をどう考えているのか。

 国民に話しかけるべきだ。新型コロナ対策について、愚かな安倍はアビガンの話は随分とした。しかし、効果が出ないとなると何にも話さなくなった。レムデシベルに関する話題はマスコミもしない。日本が承認した薬を海外産だからとして状況を説明しないのはどうしたことなのか。

 しかし、私は安倍が話しかけても誰も安倍を信ずる者はいないと思う。森友にはじまる安倍の誤魔化し、嘘つき、責任をとならいことは国民は皆さん知っている。官僚もよく知っている。なんせ、捏造させたのは官僚なのだから。

 こんなことは日本始まって以来である。自民党と公明党の皆さんに安倍を辞めさせるべく努力していただきい。もはや、安倍のマスクはいらない。レムデシベルの効果を教えてくれ。効果があるのならどんどん輸入してくれ。GO TO USA TO buy it. うがい薬が効果があるのなら即刻、国民に配れ。

 

 すこしま

2020年7月29日 (水)

新型コロナの治療法は1波とは変わったのだろうか。それとも発見が早くなり早期治療の効果が出ているのだろうか?

 最近の新型コロナの症状は軽いとの報道がある。ただ、治療法の変化への説明はない。アビガンの使用はないとは思うがレムデシベルの使用状況はどうなのであろうか。

 1波との差は簡単に入手できる情報では、感染率が低くなったことである。1波では10%以上のケースも多くみられた。要すれば、1波の患者はPCRの調査をしたくてもできなかった。

 その結果、重篤にならないとPCR検査を受けられなかった結果、受けられた患者は重症化したことはないのか。これは山中さんなども含め、多くの識者が発言したいたことである。

 専門家の多くは早期診断を嫌がった。尾身さんも嫌がっていた。

 現状の患者の多くが早期発見者であることは間違いない。私は、現在の患者が早期発見であるから問題が少ないのか、その点を知りたい。また、治療薬の話も知りたい。

 また、最近の治療薬に関する報道はない。米国発のレムデシベルは早期の段階から使用できるのだろうか。アビガンで回復したとの情報は多く流れた。しかし、あの時点では治験の時期であり、患者も担当医師も偽薬かアビガンかの区別は分かっていなかったはずだ。

 現在、政府は新型コロナ対策として積極的には何もしていないようである。あほなGO TO バカ遊び策も積極的に進めている。確実に感染者は増加している。

 アビガンの可能性の低さは分かった。国として有効と判断したレムデシベルの効果を公表すべきである。また、レムデシベル治療が受けられる医院もPRしてほしいものである。

 それと、やはり回復後の状況をもっと公表すべきである。小児麻痺の場合、命はとりとめても、その後の成長はできない人が多かった。片足が伸びなくて、苦労している人が私世代では多くいた。

 新型コロナに関して、そうしたことはないのだろうか。それも早く開示すべきだ。

 

 

2020年7月16日 (木)

尾身会長は信じられないほどのバカ 『言葉のすり替えを医者が初めてどうする』

 尾身会長は専門医師ではない。安倍の子分の官僚そのものだ。「旅行自体に問題はない」との発言は旅行をどのように考えているか

20200716-6

 これは言葉のすり替えだ。この論理に従えば毒物もなくなる。麻薬も怖くはなくなる。爆薬も恐くなくなる。安全に管理すれば麻薬もその限りにおいては安全だ。爆弾もその限りにおいては安全だ。ピストルも恐くはない。

 尾身は言葉の誤魔化しを知らないのかもしれない。

 無症状のコロナ感染者が本人も健康だと思って旅行してもコロナをまき散らす心配はないとの主張もしている。

 現状の感染者は自宅にいて、3Mを守っていても感染する人がいる原因は何だろうと思っているのだろうか。

 また、通常の人の旅行をどのように定義しているのだろうか。尾身会長の定義の「旅行」の定義をしてほしいものだ。

 そして、どうすれば、そのような旅行が一般人で可能なのか、示してほしい。

 宇宙服で空気ボンベを担いで旅行すればコノナ対策の旅行はできるかも。しかし、これでは急にトイレにもゆけない。バッテリーも重いし、空気ボンベも重い。なお、宇宙では重力はごく低いから重くはないだろうが。

 尾身さんのお話はそうしたごまかしだ。昔の戦闘機のパイロットのように下は垂れ流しで宇宙服で行けば旅行は安全だというのに等しい。

 もっと真剣な議論をしてくれ。親分の安倍とその官僚の誤魔化しを医者がまねしては医者が人殺しになる。

 

 

 

2020年7月15日 (水)

安倍は即刻辞めるべし。企画能力もないし、判断能力もない。即、GO TOも止めるべし。

 安倍の能力の低さには驚くばかりだ。判断能力も低すぎる。タイミングを見る能力ももはや全くない。本格的な危機が差し迫っているこの時期、即刻、止めるべきだ。後任は、石破と小泉純一郎に任せたらよい。

 コロナ対策も滅茶苦茶だ。ここで人の交流を増大させて言い訳はない。コロナウイルスは温度の湿度に弱いといわれていたがそんなことはないことが明白になった。フロリダがその一例だ。 GO TO キャンペーンは持っての外だ。

 田舎にコロナを広げてどうする。

 それとこの時期は梅雨の末期だ。梅雨の末期はそれでなくても大水災害が起こる。中国で大災害が起こるとの話題が続発している。天気図を見れば長大な前線が中国から日本を超えて太平洋まで伸びている。そして、恐ろしいことに今日も寒気が日本に来ている。これも豪雨の原因だ。

 いつどこで大水害が起こってもおかしくない。

それと日本の周辺の地下は大地動乱が起こることを示唆している。多くの火山がおかしい。白山などもおかしい。西之島の爆発のレベルは始まって以来だ。

 日本には太平洋プレートが従来の2倍の速さで押し寄せている。そうしたことの結果がこうした火山に顕著に表れている。地震も続発だ。つい先日も関東であった。東南海も怪しい。こうした時、気楽に遠くに旅行してどうなる。

 列車も飛行機も道路もおかしくなったらえらいことになる。それと、自衛隊を安易に使いすぎだ。用もないのに安倍も被災地に行くな。ウソと誤魔化しの安倍の顔を見たいと思う人は少ない。自衛隊の隊員の疲労、受け入れ先の準備の大変さも蚊が得てくれ。

 自衛隊には東南海でも活躍してもらうことになる。今、あほな視察に人を割く余裕はない。

 

 

 

 

 

 

 GO 

2020年6月19日 (金)

安倍は即刻辞任すべし。森法相も即刻辞任すべし

 賭け麻雀が定例化していて、政権べったりだった黒川さんの定年を延長させた安倍、膨大な金をばらまいて選挙に勝った河井さんを法相にした安倍さん、そしてその夫婦も逮捕された。

 なんとも恐ろしいことを法務省内で実施させたものである。

河井元法相は、捏造の佐川が栄転したのを見て、黒川を検事総長にすれば何をしても起訴されないものと思ったのであろう。黒川がかけマージャンの常連であることを知っていたのか。知っていたとしたら、それも握りつぶせるものと思ったのだろう。

 今の安倍政権下の日本は真っ黒の国だ。

 私は、安倍の統治方法の目標は北の金と何度かいた。それが今回、明らかになった。安倍は、明治以降の日本が生んだ最悪の総理であると私は思う。

 また、森法務大臣も最悪だ。彼女には法を守るとの意識は全くない。彼女もやはり佐川と同様、安倍を守れば安倍から金と支援が河井と同様に来ると思ったのだろう。

 黒川の定年延長、黒川の辞任の件は法的に正しいのだろうか。河井に続き、恐ろしく正義感のない政治やが法務大臣になった。それが安倍の基本政策なのだろう。

 安倍も、森も即刻辞任しないと、中国も北も韓国も日本の劣化を見て攻撃を掛けてくるだろう。

 即刻、韓国は北にやられたはらいせを日本を攻撃することで国内を抑えようとしている。WTOへの韓国の提訴はそれだ。

 日本が巨大国家、清国、帝政ロシアに勝てたのはこれらの国が内部崩壊しかかっていたからだ。

 今、日本は嘘ばかりの安倍に任せていては潰れかねない。即刻、安倍は辞任すべし。林はその前に辞任させる必要がある。

2020年3月28日 (土)

日本の新コロナ対策は失敗したからオリンピックを延期。山中・尾身対談から分かること。

 山中教授と尾身茂さんの対談のyoutubeを見た。山中さんはもう少し尾身さんに突っ込んで聞いてほしかった。ただ、尾身さんは老化していて山中さんと討論する能力は残念ながら無くなっていると私は思った。残念ながら、人は老化すると反応が遅くなる。対談は本質的に無理がある。

 尾身さんは医学部出ではあるが医師としての能力は随分と低いと思った。それに老化が重なり、議論は無理である。

 老人と討論するのではなく、事前に質問事項を連絡してその返事をもらうのが良いだろう。名誉教授の年齢の著名人と若い学者が議論するのは無理があることが改めて今回、分かった。

 それはそうとして、尾身さんらが進めたPCRを測定しない方式は完全に失敗した。尾身さんらが進めた方式の失敗が明らかになったので、オリンピックの延期をしたのであろう。

 尾身さんはPCRを測定する派の様である。しかし、それを揃える力はなかった。韓国も台湾もシンガポールも中国もそろえた。

 結果的にそれが成功してかの国は何とかなりつつある。

 愚かも、日本オリンピックには膨大な金をかけて国立大学への研究費は削減して、PCRの検査機器もないのである。検査機器がないから人の育成も出来ない。

 日本は愚かな安倍政策で高等教育を潰した。高等研究も潰された。山中さんもごく最近も潰されかけた。エロティシズム某女史がその実行者である。

 尾身さん周辺の学者は何ともレベルが低い。5人の感染者の内、4人が感染元にならない現象にたいして的確な仮説が構築できていない。

 これが構築できていないのはPCRのデーターが少ないのが大きな要因だろう。クラスターの起源となった患者は分かる。その人のデーターは多くあるのだろう。

 尾身さんの周囲の研究者を見ているとゼロ戦を作った日本人のような気がする。確かに一つの傑作は作った。しかし、相手が高度化するともう手も足も出ない。

 尾身さんのクラスターの発想は凄いものだろう。しかし、5人の内の人が病気を拡散する人になる仮説に関しては膨大に作ってそれを潰していかないと大変な事になる。

 天才がいて成功することはある。確かにゼロ戦は成功した。しすし、実際の戦争で東京から九州まで飛行して戦って帰ってくることは無理である。ウンチも小便も垂れ流しで、無線もなしでどうして戦えるのか。

 結局、日本は負けた。今回の新コロナの戦いは残念ながら負けたオリンピックの夏の道路の冷房に使う金があるのに、人の命を救うPCRに使う金が無くては日本はお終いだ。

 尾身さん親分なら、金をとってきて、韓国に負けない検査体制を構築してくれ。韓国や台湾も負けて国民の生命を無にしてはいない。それもできないなら男しく、即刻辞任してくれ。

 

2020年3月 4日 (水)

感染症研・脇田・専門家Gは測定もしないで理屈もなしで自説の垂れ流し。若者説。日本は本当に潰れる。

 科学者が専門家Gかと思ったが、物事の判断が全くできない感染症研の某田が恐ろしい自説を垂れ流し始めた。某田と同じGの某谷が、コロナの拡散は検査を受けない若者との説を流し始めた。

 恐ろしいことに、この感染症研の脇田はPCRの検査を受ける順序を管理している。そして、接触者でない人の検査はさせなくしていた。それは前回のblogに書いた。

 なんとも恐ろしいことに、某谷は若者は検査しないから検出できないと言い出した。検査しないのではない。検査させないのでTVでも大騒ぎになった。

 37.5℃が4日、継続しないと検査さないシステムを作って、若者のデーターがないとのこと。それは感染症研が作った規則からそうなるのである。

 それを若者は元気だから、悪くならないからと、言いがかりをつけたのが押谷である。

 親分の脇田にしっかりと文句を言ってくれ。

 こんなバカな話をしては本当に日本の沈没する。

 しっかり検査をすれば、押谷の言うように10倍、感染者が出て、まともな説をつくれると私は思う。

 押谷は脇田の検査をさせない政策の犠牲者とも言える。それでも、若者を犠牲者にするのはバカというよ、悪人である。

 検査を阻止した問題点のすり替えは獄死に値する。

2020年2月19日 (水)

ダイアモンドプリンスは病気感染のモデルなのか 空気なのか、人の行動経路なのか 食品なのか 清掃システムなのか

 ダイアモンドプリンスにおけるコロナウイルスの感染は20%を越えた。この原因に対するコメントが出てこない。何とも不思議なことである。

 私は神戸大教授の発言にそれは凝集されていると思われる。

 近い将来、ダイアモンド・プリンセス型の船はクルーズ船のマーケットから無くなるだろう。これほど感染症に弱い船とそれを運行するシステムは近い将来に消え去るだろう。

 大日本帝国の空母は消防システムが弱かった。だから簡単にミドウエー4隻が沈没した。ゼロンもそうであった。防弾力も弱かった。戦闘距離も恐ろしく遠くを想定していた。玉数も恐ろしく少なかった。遠くまで人で飛行し、球数も少なく、ハンモックの寝にくい場所で寝させてはパイロットは持たないだろう。

 ダイアモンド・プリンセスの空調はどうなのか、清掃システムは、etc, etc, ゼロ戦と同じく三菱が作ったものであることも少し気になる。

  最近、ベンツに乗てもらった。衝突対策もすごい。日本の車は軽快だが、安全対策を犠牲にしていると思った。ダイアモンド・プリンセスほど新型肺炎が集中して発生した場所はない。

 造船会社も、運営会社も、内装業者もダイアモンド・プリンセスの何処が集中発生の原因になったのか、しっかり検討することが必須である。

2018年7月10日 (火)

ダムが大洪水を防止するという話は昔からない。西予の広報は誤魔化しだ。

 今回の大雨で多くの人が亡くなった。豪雨がその原因である。最近の日本では豪雨は常態化した。
 この原因は私は、寒冷化が始まっているからと私は想像している。こうした豪雨は昔から存在した。
 秩父に行くと信じられないような高さまで川面が上昇した記録がある。秩父に行く機会があ人は是非、見て頂きたい。
 そうした記録し大体の所である。
 それは別として、西予のダムの放流による人が亡くなったことは何とも痛ましい。ダムが満水になれば、ダムの崩壊防止から、大放流を行うのは昔から知られたことであった。
 現状のダム行政は頻度の多い小災害を予防するものであった。私が子供の頃、ダムの見学に行き、大雨が降ってダムが満水になったらどうするのかと聞いたら、管理者は大放水すると言っていた。
 大放水で被害が拡大することは当然のことであった。その時は早めに警告を流して大放流するとのことであった。
 近年はそうしたスタンスは誤魔化しているのだろうか。少なくともダムの管理者はそれを知っていたことは京都の日吉ダムでは明らかだ。
 西予の場合、放流が増大することをPRしなかったのは大問題だ。管理者はどう誤魔化そうと考えたのだろう。
 読売の抜粋を記載する。
20180710_1_tr
                20180710_2_tr
 管理者はいつも大変であることは確かではある。誤魔化して済む話ではない。
 今回を契機として、ダム行政を変更する必要がある。豪雨や台風が予想されたら、とにかく貯水は減らし、かつ、満水にならないように放流する必要がある。それを事前に計算しかつ実行する必要がある。
 それでも満水になり大放流するときは被害が拡大することを事前に皆さんにPRする必要がある。
 ダムができたら安心だとは言ってはいけない。原発と同じである。
 それと自衛隊の一部を国土防衛隊とし、災害の防止に割り当てる必要がある。災害活動ばかりしていると自衛隊としての技能が落ちる。
 現代の戦争は人海戦術ではない。ハイテク兵器による戦争である。そのことを認識する必要がある。
 今朝、私は風が爽やかであると思った。寒気が日本に入っているのである。寒気が来れば竜巻も雷も豪雨も増加するだろう。
 日本は地震ばかりでなく大気も動乱の時代になった。
無料ブログはココログ