経済・政治・国際

2020年5月25日 (月)

安倍総理は即刻退陣すべし。常習的な嘘つき、役人の代筆棒読み、記憶力も大阪府知事に比較して恐ろしく低い。総理は無理。

 小沢にはよく言われるが、常習的にウソを平気でつく。答弁も役人の書いた原稿を棒読み。ごまかしの言葉遊びで日本の政治を恐ろしく下げた。

 大阪府知事の記者会見と比較してあまりに低能力である。即刻、退陣するべきだ。世界から相手にされなくなる。

 安倍の後は石破総理と副総理格で小泉純一郎がなればいい。

 それと、オリンピックはやめるべし。

 その金を大学に投入すべきだ。安倍の愚民か政策で日本の大学の研究レベルはが落ちだ。今の日本列島は地震に関しても全く予断を許さない。

 いつどこで巨大地震があってもおかしくない。役人の代筆を読み上げ、ウソと、誤魔化しの安倍ではこの難局を切り抜けるのは無理だ。

 

 

2020年5月 2日 (土)

9月入学は出来るのか。9月でも収まっていなかったら来年の4月入学にするのか。

 甲子園が中止になったら突然、大阪のコロナ感染者が増大した。それまでは感染者が少なく、皆さん不思議がった。

 オリンピックが延期になったら日本の新型コロナの感染者が急に増大した。そして、三度、9月入学が提起されたら、東京の感染者が増大した。

 コロナは安倍と小池の政権維持、運動競技の維持に使われていないのだろうか。9月入学は小池は昔から希望したとのこと。

 専門家集団は今回のコロナは長丁場とのこと。9月入学は可能なのか。9月近くになっら感染者数は減らされる可能性があるようにも思う。

 また、高温、高湿で一時的に感染者は減るかもしれないが。それでも10月、11月で感染が拡大したら再度、2021.04入学に変更になる可能性はあるかも。

 要は、PCR検査の透明化をはっきりしないと人命がアホの安倍や目立ちたがり屋の小池にもてあそばれる可能性もあり。

人命を大切に考えない尾身茂も最後には医師の端くれとして人命尊重になってくれ。自治医大はこんな人命無視の男を生んで恥ずかしくないのか。

 

 

 

新コロナ当面の対策

1. 初期の患者にはレムデシビルを投与せよ。早期発見・早期治療は可能。

2. 重症者にはアビガンを投与せよ。催奇性はあるが。命あっての人生。死んだら何もない。

3. 尾身茂は即刻、首にせよ。状況判断能力なし。人の命を救うという医師の根本精神もない。

4. 安倍は即刻、退任すべし。彼も判断力なし。経済は黒田、コロナは尾身に丸投げ。誤魔化しと隠蔽を日本に拡散させた。明治以降で最悪の総理。バカな嫁さんもTopの嫁さん失格。

5.後任は石破と小泉純一郎に任せ。

 

6.多分、BCGの効果は大。東北大の教授も書いている。同じ東北大でも押谷のような無責任で無能力の教授もいるが。バカな総理夫人が女のバカの極限。頭脳明晰な女性教授もいる。男も女も色々。

 

 

 

2020年4月25日 (土)

情報と鉄砲で勝った信長、竹槍で米国と本土決戦を叫んだ東條、そしてマスク2枚で新型コロナと戦えるという安倍と

 私は太平洋戦争末期、東條が竹槍で本土決戦を叫んだということが分からない。鉄砲に弓矢が負けることは戦国時代に明確に判明していた。

 そして、驚くことに、安倍は2枚のマスクでコロナと戦おうと言い出した。彼の取り巻きは驚くなかれ、その提案をし、安倍もそれを良しとしとした。これで、国民が活性化するとおもったとのこと。

 東條も竹槍で大騒ぎすることで本土決戦に勝てると思ったのだろうか。まはや何もできないから竹槍に至ったのだろうか。

 東條はそれでも止めさせられた。私は現在より太平洋戦争末期の方が政府には知恵があったと思う。

 安倍は2枚のマスクの注文先さえ隠しているとのこと。3社はいやいや公開したらしいが4社目は出てこない。

 お得意の隠蔽日本国総理大臣だ。

 そして尾身茂も恐ろしいことに敵の情報を集めようとしない。敵が分かるPCR検査を必死に嫌がった。信長が勝てたのは情報を把握していたから、桶狭間で勝てたのだ。

 2枚のマスク、それもどこに委託したのかも言えない安倍、自民党ももう少し学問に金を投下してくれ。

最終的に勝つのは人の力である。誤魔化しと隠蔽の安倍、必死で物事を見ないように同様に隠蔽する尾身は

即刻、止めさせねばならない。

 石破は今、立つべきだ。小泉純一郎も最後の務めとして、今、立つべきだ。

 安倍の政治の結末が2枚のマスクだ。鉄砲を揃えることはしないで2枚のマスク。それが結末。PCRは揃えないで、日本は特異的だとしてDataは取らないで、野垂れ死にした人が後から分かった尾身の政策。

 日本の新型コロナの死者は何人なのかも分からなくした尾身。

 日本民族がここまでアホになったことはあったのだろうか。

2020年4月19日 (日)

尾身茂の疲労困憊を見て、日本人はコロナに負けると感じる。太平洋戦争の栗田中将と同様にまともな精神ではない。即刻、交代必須。

 尾身茂の会見を見て、日本人はコロナとの戦いに負けると思う。太平洋戦争の最後の決戦で謎の反転をした栗田中将と同様に疲労困憊している。これではまともに戦略を打てない。

 安倍も疲労困憊だ。両人とも即刻退陣する必要がある。

 安倍は嘘ばかりで、誰も信用していない。韓国嫌いで韓国の素晴らしさを見る気力もない。台湾も、中国もコロナとの戦いに勝った。

 愚かにも、安倍は米国の素晴らしさを遊学して留学できなかったことから見る目がない。米国が強くなれたのは人種、性別を乗り越えて優秀な人を世界から集めることが出来たからだ。

 コロナとの戦いでは残念ながら日本は悔しくても韓国にも台湾にも負けた。冷徹に現実を見る必要がある。悪事の連続で、森友に始まった悪事を消して、連続する悪事をつづる安倍は、最後には日本人の愛する桜も散らした。もはや日本人から全く支持されていない。

 ここで退陣して、少しは日本人の潔さも示してくれ。後は石破と、小泉純一郎に任せたら日本人は自信を取り戻す。

 尾身も安倍も即刻退陣して、日本の再復活の少しは礎になったと自己満足してくれ。

2020年3月26日 (木)

信じられないほどのアホナ総理、都知事を選んでしまった。即刻、退陣すべし。ここは石破と小泉純一郎に任すべし

 安倍と都知事にはどんな情報が入っていたのか。数日前までは東京オリンピックを実施するとしていた。延期になったとたんに、新型コロナの大発生を言い出した。その通り、東京で大発生となった。

 オリンピックが延期になって検査をまともに始めたのだろう。WHOからも言われている。

 孫子の「敵を知り、己れをしれば100選100勝、敵も知らず、己も知らざれば100戦、100敗,----」

日本の新型コロナ対策は、己を目を閉じて、敵を見ないから、そのつけが出て、東京の大発生となったのだろう。

 バカなオリンピックに金を投資し、国立大学への投資は止めて、検査体制も弱くしたのが安倍の政策である。その結果、新型コロナの大発生だ。

 台湾を見ろ、韓国を見ろ。彼らは日本より凄い。誠に情けない日本に安倍はしてしまった。安倍のしたことは誤魔化しばかしだ。森友、加計、桜と誠に誤魔化しばかり。最近は検察までもおかしくした。

 トランプ以前の米国は凄かった。

 私は仕事で長い付き合いがあった。米国を攻撃した最初の国である日本に対しても彼らは親切であった。

 フルブライト奨学金なども作り、だまし討ちした日本からも受け入れた。それが米国の強さであった。韓国かも彼らは受け入れた。

 安倍の政策は何とも子供と同じだ。

 今、日本に必要な男は石破と思う。また、小泉純一郎だ。小泉は蒋介石のように素晴らしい男と私は思う。蒋介石は日本に勝った時、賠償を要求しなかった。

 何とも怖ろしい人が中国にいたものだと私は思う。

 米国もそうであった。

 誤魔化しのみの安倍ではこの難局を救うのは無理だ。即刻退陣し、石破と小泉純一郎のコンビで日本の精神から立て直してほしい。

 

2020年3月16日 (月)

本日の株の大下落 日本の株の株主が日銀になることへの失望なのだろう。

 本日の株は日銀の対策が伝わると大下落をした。私は値上がりすると期待したが結果は逆に下落した。この原因は幾つかあるのだろう。

 皆さんが日銀の政策に失望した結果であることは明白である。

 私は、日銀の株買いが増えることが大問題なのだと思う。日本市場の株主は日銀となると、それは国家資本主義とも言える物となる。

 ソ連や東欧が潰れたのは統制経済は効率が悪いからである。今、日本の株の少なくない比率が日銀資本となれば、企業の活性化が低下するものと思われた結果、本日の株価の下落になったのだろう。

 日銀の政策が将来的に企業の効率化を阻害するものと世界の投資家は判断したのであろう。

 安倍も、黒田も即刻、退陣する必要がある。

 石破と小泉純一郎に任せる必要がある。

 誤魔化しと不誠実な安倍は即刻、退陣させる必要がある。

2020年3月15日 (日)

新型コロナのパンデミックは人類の予測力の弱さが原因。結果的には中国がこの戦いでボロ勝ちする。

 新型コロナは中国にとどまると、多くの世界の人は思ったことであろう。その理由の一つは、以前、中国で騒がれたサーズが中国国内で何とか治まった経験からである。

 中国では色んな食べ物や色んな動物と触れるから、新しい病気が発生する。それへの対処を中国は有していたというのが多くの世界の人の思いであろう。

 しかし、現実には異なった結果となった。まさにパンデミックとして世界に拡散した。

 それと、多くの近代国では中国と異なり近代化しているから今回の新型コロナも対処できると思ったのだろう。そうした考えを一番に持っていた国は多分、日本だと思う。

 日本は中国と近いから多くの中国の情報が入る。中国の未熟さも分かる。安倍が中国のパック旅行は入国禁止にし、個人客は入国を許可したのはその顕著な政策であろう。

 しかし、日本は結果的に新型コロナに負けた。

 しかし、恐ろしいことに中国では新型コロナに勝ったようである。米国も欧州も日本も負けたのに中国は勝った。やはり、中国は新型コロナのような物に対する能力は高かったのだろう。

 サーズを抑えたのは彼らの総合的な力の結果なのだろう。そして、恐ろしいことに、こうした新しいタイプのウイルスなどに対する能力が米国や欧州、日本で弱いことが判明したのが現状なのであろう。

 愚かにも、近代化した経済社会では疫学のような学問は金にならなくった。今回の新型コロナ関係で、マスコミをにぎやかす大学は失意ながら上位校ではない。

 結局、そうした教育システムが近代化した国家で新型コロナの拡散を阻止できなかった根本の原因であろう。

 話は飛んで、新型コロナとの戦いが終わった後、立ち上がりが早いのは、中国のように感じる。疫学など基礎的な教育に金を投下してこなかった日本や米国は立ち上がが遅いと私は思う。

 そこでの心配は、日銀が保有する日本の巨大企業の株が中国に買わることである。日本の個人は愚かにも安倍・黒田の日銀の株買い政策に乗られて株を高値買いした。それが下落した。その下落した株を買う金は日本にはない。新型コロナに負けた欧州、米国も同様である。

 結局、中国が日本の優秀な会社をかうだろう。日銀から中国へ日本の株主は移動しよう。又は、日銀が引き続き、日本株を買うことであろう。

 結局、日銀が株主として日本企業の上に君臨することになる。それは中国の国家資本主義と同じとも言える。日本から、資本主義は無くなるということになる。

 安倍は当初はこんなことは思いもしなかっただろうが結果的にそうしてしまう可能性が極めて高い。なんとも皮肉なことが安倍政権下の日本で起こっている。

 

 

 

2020年3月 3日 (火)

脇田感染研所長は大バカ者だ。脇田所長の文を単純に読めば、明確な恫喝だ。PCRの測定は感染研の思いのままに出来ますとの宣言原文だ。

 何とも怖ろしいほどにアホな所長が国立感染研にいる。彼は権力というものを全く知らないで所長の仕事をしている。こんなアホが国立の研究所長になるから、PCRの検査速度も韓国にも負けるのだ。所長の椅子に座っていずに韓国のPCR検査の勉強に行くべきだ。

ダウンロード - 1aaa.pdf

 

  詳細は某田所長のいうことは、PCRの接触者の検査が優先するとのお話である。そして恐ろしくも某田所長は該接触者の状態に関わらず、優先するとの主張である。

 これを言われたら無接触者が早くから申請しても、高熱でうなって医者が申請しても、無症状の接触者の検査が優先することを意味する。

 国立感染研とは人でなしの、研究のみ、利権のみ利権しがみつき所であることを明記した文書を出してきて、マスコミを叩いている。

 即刻、感染研は研究所から外すことが必須だ。

 それにしても恐ろしいシステムを日本は作ったものだ。

 

2020年2月29日 (土)

新コロナウイルス、サムスンから日本が韓国に負けることが分かった。日本は誤魔化しで本質を見ない。PCRの技術もどうして日本は韓国に負けるのか。誤魔化しの安倍は早期退陣すべし。後任は小泉純一郎が良いが、国会議員ではないから石破だ。石破は小泉純一郎を副総格で内閣に入れこの難局を対処すべし。

 まことに情けない加藤大臣である。川内議員から誤魔化しを指摘された。北海道での新コロナウイルスの発生件数を少なくすべく人を送り込んだとの指摘を川内から受けたのである。

 安倍はあらゆる分野で誤魔化しをした。国難をかれは招いた。中国人を自由に日本に入れた。寒い北海道を闊歩させた。その結果の北海道での新コロナウイルスの大拡散が起こった。北海道がダイアモンド・プリンセス島になってしまった。

 新コロナウイルスは根路銘博士の言うように寒さと閉鎖空間で繁殖する。愚かにも安倍と加藤は横浜と北海道に新コロナウイルスの発生活場所を構築したのだ。

 ダイアモンド・プリンセスでも誤魔化しはあった。同様に北海道でも誤魔化しを継続した。その間、検察かんれんでも森誤魔化し大臣が活躍した。

 私は今回の韓国の現実を見る目に驚いた。また、台湾の的確な対策にも驚いた。

 多くの日本人は韓国・朝鮮人に対して優越感を持っている。ノーベル賞が取れないことに安心している。しかし、その韓国にノーベル賞をとったバッテーリーでも負けている。液晶でも、半導体でも負けている。

 多分、彼らは現実を見る目を日本と米国から学んだのだと思う。

 その結果、いつのまにか、新コロナウイルスの検出器であるPCRでも日本を完全に追い抜いた。震えるほどに情けないが

バイオ分野でも日本は完全に負けた。

 PCRでどうして日本が負けたのか、幾つも原因はあろうが、予測力が日本は無くなった。その結果、的確な判断を国民に示すことが出来なくなり、誤魔化しで作ろう事態となった。

 その結果の小中高の休校での混乱による安倍一派の誤魔化しによる失政の消滅なのだろう。

 こうしたことを連続しては日本な早晩、韓国にも台湾にも負ける。

 嘘と誤魔化し安倍は早期退陣すべきである。当面は石破なのか。私は、この難局は小泉純一郎が何とかしてくれると思うが彼は国会議員ではないから残念ながら無理。石破は小泉を副総理格で内閣に入れてこの難局に対処すべし。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ