地震・断層・火山・地層・地学

2020年9月 6日 (日)

日本近海の巨大地震は海洋プレートと陸のプレートの双方の作用が重なった時に発生する。少なくとも2011.3.11東北大地震はそうであろう。

 ここしばらく、国土地理院のGPSの動きからの連想仮説を述べてきた。本日が当面の仮説の纏めになるのではないかと想像している。

 要すれば、2011.3.11に代表されるM9に至るような巨大地震は海のプレートだけの動きで生ずるのではなく、陸のプレートにも海のプレートに対抗する動きがあり、両者がまともにかち合ったときにM9やそれに近い巨大地震が発生するものとの仮説である。

 私は、2011年の東北大地震の後にレバレッジト境界地震モデルを構築した。その概要は本blogでも何回か書いている。最近では2020.6.9にも記載した。興味ある人は是非、読んで頂きたい。

ダウンロード - eq120e383ace38390e383ace38383e382b8e38388e5a283e7958ce59cb0e99c87e383a2e38387e383ab2020e5b9b46e69c88208e697a5.pdf

 要すれば、海洋プレートに起因する大地震の前に、内陸で起こる直下型地震と、海洋プレートの地震に関連させたものである。石橋克彦さんの『大地動乱の時代』を元にした仮説である。

私は、本仮説は幾つかの内陸地震に関しては妥当であると現在も思っている。しかし、実証できたのかという点では不十分である。

 そうこうしているうちに国土地理院から1997年から最近のGPSのデーターが出た。これは何度も示してきたものである。驚くことに、2011.3.11から8年経過しても日本列島は大変動しているのである。改めて示す。

 20200817-2_20200906112401

  私は、この東日本全体の動きを北米プレートの動きも関与していると、考えているということである。従来の太平洋プレートの動きのみではなく、そこに北米プレートが動いているので、10年近くもこうした動きが継続しているものと私は想像している。

 なお、この周辺では、869年にも貞観寺地震が発生している。その時の最大余震は9年後に関東で発生したとの記録がある。私は、先日の福井地震も3.11の東北大地震の余波か、北米プレートの活性化の再開かとも思った。しかし、3.11以前にも古くは新潟地震にはじまり、裏日本や北米プレート内に地震が多発している。

 これらの地震は北米プレートが弱いながら活動を継続した結果なのであると極最近思い出した。そして太平洋プレートの動きと連動した結果が2011.3.11のM9の巨大地震となったと想像している。

 太平洋プレートと北米プレートとの関係である。同様に、1854/12/23東海地震, 1854/12/24南海地震は、全社は北米プレートとフィリピン海プレート、後者はユーラシアプレートとフィリピン海プレート、との作用が起こったものと私は想像している。

 東南海の地震には幾つかの種類があるのは、これと太平洋プレートも関係するからと私は想像する。

 以上はあくまで仮説である。ただ、従来に比較して最近はGPSのデーターがあるので行使した仮説を確認する手段は拡充してきていると思っている。

 ただ、地球の動きに比較して個人の生存期間は余りに短いのも残念ながら確かではある。

 

2020年9月 5日 (土)

日本の中部以東の巨大地震には北米大陸プレートが関係しているのでは

 これは本日、先に書いたblogからの連想である。日本の内陸のM8以上の巨大地震は、863年の越中・越後、1586の天正、1891の濃尾、M8以上ではないがM7.9の関東である。

 いずれも中部以東である。

 一方、海洋性のM8以上の地震は多数ある。2011.3.11の東北大地震はM9でありその中でも特に大きい。私がこの仮説をまとめたのは、海洋性の巨大地震も含め、巨大地震には北米プレートが関係しているのではということである。

何度も掲示するが、東北大地震以降の日本列島の地殻の移動はすさまじい。

20200904-9

 要するに、2011.3.11から8年経過しても東日本は東に向かい移動している。私は、この原因はこの地殻を乗せている北米プレートも同様にこうした動きをしているのではないかと想像する。

 つまり、2011.3.11の大地震は北米プレートと太平洋プレートとのせめぎあいの結果、巨大な両プレートが影響した結果なのであると私は想像している。

 単なる、太平洋プレートの沈み込みではこれほどの長い時間の日本列島の地殻の移動は理解できないのではないか。

 この前のこの地方の地震を見ると、2007にM6.8の中越沖、2008にM7.2の岩手・宮城、2008に6.8に岩手・宮城沿岸

地震があった。これは北米プレートに起因するものと思われる。つまり、2011年前には北米プレートが大平洋プレートにかなりの圧力をすでにかけていた結果、2011年には巨大な地震となったのではないだろうか。

 そう考えると、869年の貞観大地震も単に海洋性の地震というより、北米プレートと太平洋プレートとの蓄積の結果、巨大化したようにも思える。

 それはフィリピン海プレート由来の巨大地震でも陸のプレートとの関係があるのではと思う。フィリピン海プレートに起因する東南海地震では巨大な地震とそうではない地震がある。

 1946の東南海地震はM8であった。これは1923年のM7.9の関東大震災で北米プレートの圧力が低下していたためではないのか。

 要すれば、日本周辺の地震、火山とも、フィリピン海プレート、太平洋プレートのみを考慮すればよいわけではなく、北米プレートゃユーラシアプレートにも十分に配慮する必要があるものと思われる。

 その意味では昨日の、福井での地震は要注意である。

 

2020.9.04の福井の震度弱の地震は北米大陸プレートの再活性化の第1弾かもしれない。酷暑の残夏の中でのJust Idea

 これは昨日、2020.09.04に福井県を震源とする深度5弱の地震に対するJust Ideaである。そのことを理解して読んで頂きたい。

 既に何回か書いたが、東北大地震の後も日本列島の地表は強烈に動いている。それは国土地理院から公開されている。

20200904-9

    図1  1997から2019年の日本列島の地殻の水平変動 国土地理院から

  図1は何度か掲示した東北大地震以降、約10年の変動である。次に、東北大地震の1年前までの地殻の変動図を示す。

20200904-10

 図2   1997から2010年の日本列島の地殻の水平変動

 これも何度か示した。ここで、両者の特に注目して頂きたいポイントの示す。

20200904-8 20200904-7

    図3  1997-2010                                    図4 1997-2019

 図3,4には黒線を書いた。図4には黄色の曲線を描いた。このポイントを下記する。

1.図3からいえること

 ①日本列島の本州は全体として北西方向に移動した。それは太平洋プレートの移動方向と同じである。

 ②しかし、太平洋レートの移動距離よりは少ない。

2.図4からいえること

 ①本州の東北が特に東向きに大きく移動し、継続している。--- 2011の直後のデーターは省略したので継続のデーターは示されていない。

 ②フォッサマグナ周辺の移動の方向が図3に比較して東向きにずれた。

 ③従来では西向きに移動していた日本海のGPSの拠点も東向きに方向を大きく変換した。

ここで、昨日の福井の地震との関連で指摘したいのは、福井県の地殻の最近の変動は従来とは大きく異なるということである。つまり、地殻に働く力にアンバランスが生じて、昨日の地震が発生したのではないかというのか、私の仮説である。

 この記事を書きながら思ったことですが、最近の長野県や岐阜県の地震も同様の動きの結果ともいえるかもしれない。

要すれば、長野や岐阜の地震も同一なのかもしれないということである。

 この場所は北米大陸プレートの境界域である。東北大地震は太平洋プレートの影響が大きいと思っていたが、それは当然あるが、巨大地震には二つのプレートが関係していたのかもしれない。

 何れにしろ、もう少し定量化は必要であるが。

 

 

 

2020年8月17日 (月)

酷暑残夏の真昼の直感 2011.3.11は日本列島分裂の最初の明確な動きなのでは。昨日からの継続

 今日も暑い一日の始まりである。これは直感のJust Ideaである。そのことを認識して興味がある方は読んでいただきたい。ご存じの通り、日本列島は大陸の東岸から分かれてきた。それらが色んな変遷をしてきて現在がある。これは古磁気などの研究結果の集積の結果である。

 昨日に続き、国土地理院の図から示す。20200731-61_20200817092801

 要すれば、東北大地震後の2019年になっても日本列島の地表面は大きな移動を続けているということである。昨日はこの図に2本の曲線を入れた。20200816-2_20200817093201

西日本から北海道の地表は回転しながら男鹿半島の東南沖を目指すような動きをしているというのがポイントである。次にこの図に新しい曲線を入れてみる。

20200817-2

 上図には赤線を入れた。九州南部は南に向かっているとのお話である。この動きは以前から知られていた。遠い将来、熊本あたりから九州は断裂するとのお話である。

 私にとって、遠い将来の九州の断裂は既知事項であり、何の驚きもない。ただ、この赤い曲線を描いてみて類推したことは、日本の古地磁である。それに従えば、日本列島は大変動をしてきたのである。

 なんとなく、大変動してきた日本はそれなりに安定なのではないかとの思いがある。しかし、上の図からみえることは北米プレートの復活である。

 死んだと思っていた北米プレートは3.11の巨大大地震で復活したのだということである。古くは新潟地震もある。奥尻島地震もある。

 新潟地震が発生した時、多くの日本人は大きな地震が少ない地方での大地震に驚いた。奥尻島地震で何かおかしいと思った。東北大地震は太平洋プレートの1000年に一度の大地震と納得しつつある。

 しかし、2019年でも東北や北海道の地表を乗せた北アメリカプレートは独特の動きをしているように思える。これは余行効果かもしれない。

 そうではなく、北アメリカ大陸の新しい動きなのかもしれないというのが本文のポイントである。地学は基本的には斉一の法則に従うとのお話である。しかし、新しい動きが3.11で明確化したのかもしれない。

 本当に要注意の日本列島周辺ではある。

2020年8月16日 (日)

東北大地震後、日本列島には全く新たな奇妙な動きが加わっているのか --- 国土地理院のGPS図から

 これは誠に恐ろしくなるような日本列島の表面の動きである。国土地理院の図を示す。

20200731-59 20200731-61

    図1   東北大地震前の図          図2  2019年の図

    20200816-2

       図3  2019年の図に太線追記 2020.08.16(SUN)

     上記3図は国土地理院のGPSの資料である。図1は2011.3.11の大震災前の日本列島の地表の動きである。本州は北西方向に動いていた。図2は2019年の動きである。なお、大震災後のデーターもあるが、ここでは省略する。図3は図2に手書きで曲線を私が書いた図である。

 要すれば、日本列島の表面は宮城県の牡鹿半島の東南沖に向かって動く動きがあるように見えるということである。大地震直後の地図もこれに近い。そして、この動きは大地震後も継続・拡大している。北海道の地表は半時計向き全体的に回転しているようにも思える。

 西日本の特に日本海側は逆に時計向きに回転し、その方向のベクトルは男鹿半島の沖に向かっている。九州はまた別の動きである。

 これはGPSであるから日本列島の地表の動きである。一方、東北大学からは仙台沖の太平洋プレートの日本列島への侵入速度は東北大地震の前に比較して2倍になったとの情報があった。

 GPSのデーターは地表のデーターであるから地殻のデーターである。日本周辺の地殻の変動は上図の通りである。その地殻の下に潜り込む太平洋プレートは20cm/yほどで潜り込んでいる。

 地表と地下のプレートの動きは別なのである。この動きがいつまで続くのか、それは興味のあることである。この動きが続く間は、関東から信越に向かう方面に地上も、地下のプレートにも大きな圧力が掛かろう。関東での地震の多発はこの図を見れば納得である。

 それにしても牡鹿半島沖に日本列島の表面を向かわせる力は何処から来るのだろうか。恐ろしい限りではある。もしかすると速くなっと太平洋プレートの動きが、陸の地殻と太平洋プレートとの摩擦を低下させ、陸の地殻を太平洋に押し出しているのだろうか。

それにしても硬い地殻やプレートを動かす空恐ろしくなるほどの最近の日本列島の動きである。地球の周趙は4万キロ、それが毎日回転しながら太陽の周囲を回っている。空恐ろしいような速さで地球も宇宙も動いている。それでも軽い大気も地球表面に張り付いている。

思いもよらないような動きが日本列島周辺にあっても当然なのかもしれないが。それにしても暑い。まさに酷暑である。私は丸山元教授の宇宙線寒冷化説を信じたが、あれは間違いだったのだろうか。コロナも含め、自然の力は想定外が多いのは確かではあるが。

 

 

 

 

2020年8月 7日 (金)

ここ数日の空の濁りは西之島の噴火の影響とのこと。桜島の大噴煙もあった。噴煙で寒冷にならないか少し心配

 数日前に月を双眼鏡で見たらお化粧をしたように月の表面が奇麗であった。薄い銅色であった。近くに火星もあった。こんな素晴らしい月は初めて見たと思った。

 ここ数日、朝起きて靄のように、空気の濁りを感じた。昨年行った中国の空のようでなんとなくうっとうしく感じた。韓国では日本の無人島の噴火の影響との記載があった。その後、日本でも西之島の噴火の影響で空が濁っているとの記事が出始めた。

 西之島の噴火を調べたら巽さんの記事があり、富士山の過去の噴火より大きい噴火とのこと。富士山の噴火から連想するのは飢饉である。東北では人肉も食べたとの記録もある。噴火の影響で寒冷化して食料が取れなかったから。西之島の噴火は巨大で、その上、今年は桜島でも巨大な噴煙があった。

 現在の日本は寒冷化する様子はないようにも見える。しかしである。今年の日本の梅雨は長かった。お陰で野菜は高騰している。

 そして、驚くことに、今年の東北北部では梅雨明けはないとのこと。秋田の気温を調べたら最高でも25℃くらいで雨。函館も低い。強風と強い雨だ。

今日も強風と強い雨が降っている。東北はもしかしたら飢饉のときのような状況ではないだろうか。リンゴもコメも心配だ。ジャガイモも心配だ。

 幸いに、阿蘇も、浅間山も現在のところは噴火していない。私は阿蘇が心配である。阿蘇の地下には東北大地震の影響で東から強い力が掛かっているだろう。その力は阿蘇の地下のフィリピン海プレートを押し下げ、噴火を強めるのではないかと考えている。

 もしそうなり、阿蘇も巨大噴火をすると日本周辺には火山由来の微粒子が飛来し、降雨が多くなるだろう。寒冷化とはいえないまでも、寒冷になり、東北、北海道の寒冷化も心配ではある。

 なお、西之島の噴煙は秋になれば南に流れて日本への影響は少なくなるかもしれないが。

 ここ数年はコロナだけではなく、地震も噴火も怪しいかもしれない。なお、旅行で大きな噴火に会うと結構ややこしいことがある。約10年、スペインに旅行に行った。アイスランドの火山が爆発し、帰国の飛行機がなくなった。個人旅行ではなかったで、それほど大変ではなかったが、私は早く帰ろうとして団体旅行とは別の便も取った。

 そうしたら、その日の深夜、予定の便が飛ぶからと新規の便をキャンセルし、帰国した。その後、新規の飛行機のキャンセルで色々のトラブルがあった。

 来年のオリンピックは早急に停止すべきだ。地震、噴火、そこに第何波かのコロナが来たら、日本はどうにも動かなくなる。コロナだけでも動けないのに。

 

 

 

 

2020年8月 2日 (日)

日本全土は大地動乱だ。特に心配なのは関東から中部の地震と噴火、南九州の噴火

 日本列島はまさに大動乱だ。総理は国民の前に出るのを嫌がる。それは当然のことだ。森友に代表される嘘と誤魔化しに国民の反発は高い。コノナ対策でも誤魔化しばかりだ。海外の友とmailのやり取りをすると日本のコロナ対策に驚いている。

 そして、大地の激動も心配だ。鎌田さんは2020年に富士の噴火を予測している。確かに冷静に考えると日本の地殻は軋みを上げて変動しているものと思われる。国土地理院の日本のGPSを示す。これは誰でも簡単に見ることができる。20200731-47

 上図が1997年を原点とした日本列島の大地の変動である。

要すれば、関東から東北は2011・3.11の大地震とその後の大変動で東に大きくずれている。一方、関東から四国までの表日本は西にずれている。

 一方、九州の南部は南にずれている。この間、熊本地震も発生した。

この図には太平洋の移動は書かれていない。それはGPSの起点はないからである。この図は国土地理院の代表的な図を示したもので、2011前後の図の記載していない。必要な方は国土地理院から見てほしい。

 海洋について述べるとフィリピン海プレートは北西にずれている。

 次に、弘瀬さんの等深線の図を示す。

               20200526-4

 弘瀬さんの等深線の図はなんども活用させて頂いた。詳細はnetで見ていただきたい。要すれば、日本列島には太平洋プレートとフィリピン海プレートが地下深く侵入しているということである。

 この二つの図から、また海保の海底地図、産総研の地質図を組み合わせてみると実に色んなことが読める。幾つか下記する。

 ①東日本の地殻への圧力は低下したであろう。圧力が低下した結果、噴火はしゃすくはなったとも思われる。しかし、大噴火にはならないだろうと私は推定している。草津白根などの噴火はあったが噴火としては小さかった。浅間も同様である。

 なお、太平洋プレートの動きが速くなったとの東北大などの報告もある。そうすると火山にも影響はあるだろう。しかし、太平洋プレートの影響が地下100kmまでするのはもう少し時間はかかるものと私は想像している。噴火する場所は地下の浅い位置ではない。再度のなおであるが、もし太平洋プレートの移動速度が東北大などの結果が持続するとこれは大変なことになるのは明白だ。世界一噴火の発生している場所はカムチャッカ半島で、それでも太平洋プレートの速度は10cm/yである。

 ②富士山について述べれば、極めてややこしい状況である。フォッサマグナの地殻には引き延ばしと圧縮がかかっている。地下のフィリピン海プレートは沈降している。地殻が破れ破損したときの心配は噴火である。箱根での大噴煙が発生したのもこのためであろう。幸い、噴火には至らなかった。

 不幸にして御嶽では噴火し大災害が生じた。しかし、噴火という意味では大きくはない。しかし、人災は大きかった。その最大の原因は従来の噴火に比較して御嶽の周辺の大地の変動が少なかったからであろう。地殻にかかる圧力が減れば小規模のマグマの上昇は見えにくい。

 富士山の場合、原料であるマグマの量の低下はないだろう。地殻は弱くなっている。その意味では西之島の噴火の経緯が実に心配である。西ノ島の巨大噴火、三宅島の巨大噴火を考えると富士山の噴火は大きくなって当然とも思える。

③本州中部の地震の異常発生は、地殻の強度劣化と、太平洋プレートの本州への接近の上昇が原因だろう。ただ、場所により地殻が劣化したので、応力分布に擦れがが生じ、正断層も起きる可能性があろう。

④九州の動きはややこしい。フィリピン海プレートは実は二つのプレートの合体なのである。弘瀬さんの等深線の図を見ると、フィリピン海プレートの等深線は九州の地下で急激に深度を増している。この部分のプレートは四国沖などのフィリピン海プレートより古く重いので沈降がはやい。結果として、この地域には噴火が多発している。熊本地震の後、最近、桜島では噴煙が高くなったのはこうしたためと、私は想像している。太平洋プレートの日本列島を押す速さは早くなった。フィリピン海プレートも移動している。結果として、九州の下のマグマの生成速度は上がった。噴火は巨大化すると思われる。

 なお、以上は私の仮説である。私はこうした状況にも平然と過ごしている安倍総理は、実は、平然としているのではなく、まともな精神なく、何事にも恐れおのの似ているのではないかと推測している。

 国民の信頼はなくなり、自民党からも石破をはじめ多くの方から批判もあり、恐怖が先立ち記者会見もままならないものと想像している。コロナ対策に関し、自民党は地方に丸投げである。アビガンも外れた。マスクも安倍も自身のあべのマスクを止めるようである。

 ウソと誤魔化し、まともな政策を立案もできない安倍はやはり即刻辞めさせる必要がある。

 

2020年7月21日 (火)

デイリー新潮さん、富士のマグマがおかしい証拠を出してください。

 これは前のblogの続きである。気象庁のデーターを添付する。

是非、開いてみてほしいものである。

ダウンロード - nf1.pdf

 富士山は確かに以前、皆さんが本当に心配した時があった。私は3.11の直後に富士の直下で大きな地震が起こった時、大変なことになるかもと心底思った。

 これは多くの人もそうであったろう。

 しかし、最近の気象庁のデーターを見る限り、富士のマグマに異常は見られない。新潮は売るために誤魔化しのあおり記事をだしてはいけない。

デイリー新潮はデーターもなしで富士の噴火の不安を煽るな。真面目に情報に基づき記事を書け

 7/16日のデイリー新潮の記事は下記のタイトルである。

つまり、富士山」のマグマに異変が 専門家が警鐘 「いつ噴火してもおかしくない」

 しかし、驚くことに、マグマに異変の具体的な異変の記事は全くない。富士山は以前から、いつ噴火してもおかしくはないと言われていた。

 浅間や阿蘇では具体的な異常が検知されている。富士に関しては具体的な異変は検知されていない。それを新潮はマグマに異変と書いている。

 富士の噴火に対するシュミュレーションが出されたのは確かである。それと、異変は全く別のことである。

 新潮社は自然科学ということを全く知らないのだろう。マグマに具体的に異変があった時に異変と書くべきであって、それがデーターとしてないときにそれを書いては、捏造と煽動である。

 新潮系の週刊誌やデイリー新潮もデーターもなしで記事を書くことが多い。本日も、富士山のマグマについて記事を書いている。証拠の文春と比較してあまりに情けない。

 新潮の富士のマグマに関する記事を添付する。是非、読んでいただきたい。要すれば、何ら新しい情報を得たから書くのではなく、昔の話の蒸し返しで不安を煽っているのである。

ダウンロード - sd1e5af8ce5a3abe5b1b120e696b0e6bdaee38288e381bee381a8e38282e381abe58f96e69d90e38197e381a6e3818fe3828ce38082e784a1e794a8e381aae4b88de5ae89e38292e785bde3828be381aae38082.pdf

 富士山のマグマ活動が具体的に以前と異なるとの具体的な記載は添付資料には全くない。

 専門家はいつ噴火してもおかしくはないと以前から言っている。それは一般論である。

 専門家が具体的に変動したデーターを出した時、それを記事にしてほしい。鎌田さんの主張は、過去の歴史のお話である。彼のお話はそれなりに尊重する必要がある。

 しかし、それはあくまでも歴史の話である。

 私は、今は心配ではあると思っている。それは何度も書いてきた。しかし、それは単に過去の延長のお話である。それと、マグマに異変とは異なる。異変があれば具体的に書く必要がある。そのデーターは全くない。まさに誤魔化しと捏造の新潮である。こんなことをしては日本のマスコミを国民が信用しなくなる。

 それは国民が安倍を信用しなくなっているのと同じだ。新潮もマスコミの原点に立ち戻り富士のマグマの異常があれば記事にすべきだ。

 横須賀周辺の異臭は現実の話である。これは心配である。それとは別である。捏造をしては困る。

 

2020年7月 4日 (土)

東北大地震で太平洋プレートの日本への接近速度が速くなったことが日本の火山をおかしくしている原因だろう。

 日本の多くの火山がおかしくなっている。浅間山、白根、上高地周辺、白山もおかしい。これほど同時に火山がおかしくなったことはないように思う。また西之島でも8000mを超える噴煙が発生している。

 私はこの原因は、太平洋プレートの日本列島への接近速度が速くなったことが一つの要因と考えている。東北大などは、東北の太平洋で太平洋プレートの日本列島への接近速度が大地震前に比較して倍以上に早くなった結果を得ている。資料添付するので参照ください。

ダウンロード - en120ste69db1e58c97e5a4a7e3818ce697a5e69cace6b5b7e6ba9de381abe6b288e381bfe8bebce38280e5a4aae5b9b3e6b48be38397e383ace383bce38388e9809fe5baa6e381aee5ae9fe6b8ace381abe68890e58a9f.pdf

従来は8.3cm/yとのことであったが、18cm/yとなったとのこと。これは2015年のデーターである。同様に静岡大や北大は南鳥島と本土との距離を測り大地震前に比較して接近速度は速くなったとしている。

   20200704-37_20200704213701

 南鳥島でも早くなったとのことである。南鳥島と東北は遠い。それでも早くなったことは何とも凄いことが北西太平洋で起こった証拠である。

 接近速度が速くなればマグマの原料供給は増大し、噴火はしやすくなるものと思われる。上に述べた西之島へのマグマの供給も当然増大しよう。

 その結果、噴火する山の増大、巨大化は起ころう。なお、巨大地震の後に巨大噴火が起こるとの話があるがマグマの供給を考えれば当然ともいえる。

 カムチャッカ半島には多くの火山がある。その理由の一つは該域に沈み込む太平洋プレートの速度は世界で最も早いからとのこと。それでも9cm/yには達していない。

 なお、上記の日本域の速度の測定は2015年である。最近のデーターは入手していない。もしも東北地方で現在も同様の速度であれば火山はもとより、地震も要注意である。以上

 

 

 

 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ